宮城三陸生かき

HOME > 宮城三陸生かき > 宮城三陸かき生産レポート > かき漁場

宮城三陸かき生産レポート

宮城三陸のかきの便りを
産地直送でお届けします。

かき漁場
投稿日:2008/10/25

ここは南三陸町沖です。(牡蠣養殖海域名:志津川湾海域)

放卵状況を確認する為沖に出ました。

牡蠣漁場と言えば穏やかな内湾が多いのですが

ここは外洋

後ろに見える島が平成20年6月にイタリアベザーノの魚竜化石、南三陸町の歌津魚竜化石

をはるかに上回る世界最古の魚竜化石が発見された"唐島"

地元の人しかわからないが、この唐島の位置からみてもかなりの外洋

本来なら牡蠣を育てるには波も荒過ぎて牡蠣が落下してしまう、リスクの高い漁場で

チャレンジャーの養殖施設なのです。

 

波も荒く、水深はかなり深いです。

広島などの産地は海上に牡蠣養殖イカダを浮かべてますが

ここの海に浮かべたらイカダは流され、粉々に壊されてしまう事でしょう

牡蠣を例えて"広島の女" "宮城の男"

荒波にもまれ育った、実の締まり具合から表現されているのでしょう

 

P1000355.JPG

 

三陸・宮城・南三陸町

太古の昔にはこの海域には魚竜が泳いでいたと思うと神秘的ですね

 

P1000356.JPG  

 

世界三大漁場三陸沖を目の前に恵まれた、潮通しの良い漁場です。

釣りでも有名

鮑も県内一の水揚げ・若布も三陸一の水揚げ

鮭・帆立・牡蠣・ほや・志津川のたこなどなどすべてトップクラス

恵まれ過ぎ

 

こんなところで育った牡蠣なのでやはり うまい

年々評価が上がってきて人気です。

このページのトップへ
copyright(C)2008 MARUARA OIKAWA Co.,ltd.