ニュースリリース

HOME > ニュースリリース > 2011年3月

ニュースリリース

森、河、湾、海流。
豊かな海で2年がかりで育てるから、
ぷっくり見入りの熟した牡蠣になります。

投稿日:2011/03/31

3.11 東日本大震災

 

弊社所在地 南三陸町は今回の東日本大震災では最大の津波、高さ15m以上にも達し、町は壊滅状態。

あれだけ賑わっていた町が一瞬にして音も姿も消えてしまった。

原爆でも落とされたかのように・・・

 

 

弊社、南三陸町歌津字泊浜22番地の本社事務所、工場3棟、二階建ての屋根を軽々と越える大津波に飲み込まれ倒壊

唯一、奇跡的にも枡沢工場の被害が致命傷にはならず、現在は有志社員の協力を得て復旧に向けております。

弊社の主力商品だった三陸地区のホタテ・牡蠣・わかめ・などの養殖施設はもちろん壊滅状態のため完全復旧には数年もの時間がかかります、その間は他産地からの原料を調達して繋いで行きます。

 

―養殖物― ※早ければ

・宮城県産帆立貝: 今冬に半生貝⇒24年度水揚げ

・宮城県産若布、メカブ: 今秋に種巻き⇒24年度春水揚げ

・宮城県産牡蠣: 25年度以降

上記商材はしばらくの間ご迷惑をお掛け致しますが他産地産代替え出来るものは代替えして今迄通り供給して参ります。

その他の商材については今迄以上に対応出来る体制を整え誠意対応して参ります。

 

今後共ご支援、ご愛顧いただけます様よろしくお願い致します。

 

                       マルアラ株式会社及川商店

                       代表取締役 及川吉則 

>> ニュース一覧を見る

このページのトップへ
copyright(C)2008 MARUARA OIKAWA Co.,ltd.