ニュースリリース

HOME > ニュースリリース > 宮城の帆立貝、今期の新貝水揚げスタートしました。

ニュースリリース

森、河、湾、海流。
豊かな海で2年がかりで育てるから、
ぷっくり見入りの熟した牡蠣になります。

宮城の帆立貝、今期の新貝水揚げスタートしました。
投稿日:2009/02/15

宮城県内 帆立貝産地の先陣を切って

気仙沼・唐桑産帆立貝が水揚げスタートしました。

 

この時期の新貝では宮城県内 "ナンバー1" の品質と

マルアラ株式会社及川商店では評価しております。

「唐桑産帆立貝」は貝の大きさ・歩留・風味と宮城を代表する

品質"こだわりのある業務筋様"が納得出来るほどの物です。

 

唐桑の生産者が丹精込めて育てたこの帆立貝を

マルアラ株式会社及川商店が引継ぎ、業務筋はもちろん

量販店を通して一般の消費者の方々にもお届けしております。

 

今年は「成長良好!」「へい死減少!」と

生産状況も良好のようです。

しかし "不況の影響" により浜値は過去最低水準での

スタート、消費者の方々から見れば安くて手が届きやすい

価格なのでですが、唐桑の生産者は死活問題に・・・・

川上から川下のバランスがとれて皆が幸せになれば良いのですが

 

※下記記事には弊社の動向と社長のコメントが載っています。

2009.2.16.suisan.hotate.jpg

今シーズンも唐桑を先陣として

大島産・歌津産・志津川産など次々に新物が始まります。

うまい宮城の帆立をお引き立ていただけますよう宜しくお願いします

新着日記

月別アーカイブ

>> ニュース一覧を見る

このページのトップへ
copyright(C)2008 MARUARA OIKAWA Co.,ltd.